FC2ブログ

自力読みへの段階

2019-04-22 (Mon) 22:07[ 編集 ]
初心者の子どもたちに英語の本を読んでもらう手順として、まずは読み上げCDを使ってもらってパラレルリーディングをしてもらいます。
ただ、CDにいつまでも頼ると、CDなしで読むのが不安になるらしく、以前は自主性に任せていた自力読みへの移行を意識して強制的に行うように変えました。

ORT6~7あたりまでCDを使って読めるようになった生徒には、ノンフィクションの100Eを使ってCDが読み上げるより早く自分なりに声に出して文章を読み上げてもらいます。
その頃になると自分(自力)で読みたがる生徒が出てくるので、だいたいスタートする頃合いがわかります。

100Eは1ページに数単語しかない絵本な上、CDが次のページの文章を読み上げるのが遅いので、十分に先読みできるという理由でこのシリーズを使っていますが、英語の綴りと音を結びつけるような使い方ができるものならどういう手法でもいいと思います。

100E終了後は、自立読みへの入門として最近見つけたORT Read with Biff , Chip and Kipper Level 1~3の33冊セットを自分で読む練習に使ってもらっています。
CDのついていないセットなのですが、今までさんざん読んできたORTシリーズなのでCDがついていなくても読みやすいはずです。
下↓のシリーズです。



私はアマゾンでないインターネット書店から半額以下で購入しました。
必要な時にはアマゾンを使いますが、アマゾンを「1強」にしてしまうと、利用料などが高くなるのを嫌っての行いです。
日本では2000円以上の注文で送料無料ですが、本国アメリカでは送料無料となる買い物はもう少し高価とのことです。

子どもたちは、ノンフィクション本からのORTへの回帰は大喜びです。
100冊のノンフィクションを読んだ後、ORTのレベル1を読むとすごく簡単に感じるそうです。
全部読むとこれら自立読み訓練用だけで133冊です。

今後も自立読みを促すための本は、子ども用絵本を何種類か使っていく予定です。


リューマチなどの痛みに

2019-04-13 (Sat) 21:37[ 編集 ]
日本のリューマチに対する標準医療(?)は、米国と比して遅れているのではないかと感じる出来事があり、リューマチの痛みの緩和についての米国事情を記事にします。
ただ、記事にする内容は医師など専門家によるものではありません。
あくまでも個人的な見解です。

米国在住の友人がお母さまの具合が悪く一時帰国しています。
親世代は80代で、いつ何が起きてもおかしくない年齢ではあります。

お母さまは、リューマチを患っていて、その痛みが我慢できないほどつらいとのこと。
老人ホームの所長さんが見るに見かねて、リューマチ科のある専門病院へ入院させてくれました。
米国から駆けつけた友人ですが、彼女は米国と日本とで使える/使う医薬品の違いや認識の違いに愕然としています。

私が会いに行った時にも、お母さまはとても辛そうで、本当にお気の毒でした。
痛み止めを飲んでいるけれど効かないそうで、あまりにも痛みがつらくて死にたいと言っていらっしゃいました。

友人のメールによると、トラムセットという弱オピオイドを服用したら、よく眠れるようになり、腕もあがるようになったとのこと。
このトラムセットは友人が入院先にリクエストしたら出してくれたのだそうです。
なぜリクエストするまで使ってくれなかったのか、日本の医療システムが理解できないと言っています。

友人によるとオピオイドというのは大麻からできた薬ですが、トラムセット(要処方箋)は弱いので常習性はないそうです。
米国では処方箋で出されたもっと強いオピオイドを服用してやめられなくなってしまう人たちがいて、それが社会問題になっているとのこと。

マリファナは、米国では20年前から医療用の使用を許可されていて、マリファナの軟膏は痛みによく効くらしいです。
友人は、今回米国からCBDオイルとヘンプクリームを持参したそうで、お母さまに試したところ、CBDオイルの効果は不明だけれど、ヘンプクリームは塗った途端に痛みがなくなったそうで持参した友人本人が驚いていました。

友人が持参したのは下のふたつの商品です。

  Hemp Cream       hemp oil
Realhemp (Bio Hemp Farm)のヘンプクリーム   New Ageのヘンプオイル

精神作用のある(ハイになる)THCという成分の入ったマリファナは、日本では使用を禁止されているけれど、THCの入っていないものは楽天などのインターネットサイトでもたくさん販売されているとのこと。
但し、値段は米国の6倍~20倍だそうです。

私には「CBD」も「ヘンプクリーム」(手芸用のヘンプ/麻ひもは知っている)も馴染みのない単語だったので、教えてもらった説明のURLを貼っておきます。

ここです。

どうやら嗜好大麻を「マリファナ」、産業用大麻を「ヘンプ」と呼び分けているようです。

米国ではTHC入り(0.3%未満)のものも販売されており、痛みにはとても効果があるようです。
こちらは日本では使えませんし、THCが入ったものは使いたくありませんが、なしのものには興味があります。

自然療法については興味を持っているのですが、「痛み」の分野は今まで必要性がなかったので、調べたことがありませんでした。

何かの時には、自分で調べて医者に提案する必要があるのだと再認識しました。
民間療法や自然療法も併用すると症状が和らぐこともありそうです。
「自分の体は自分で守る」というのが基本ですね。


レインボーブリッジを徒歩で渡る

2019-04-08 (Mon) 21:59[ 編集 ]
「1000人桜ウォーク」に参加した友人が、レインボーブリッジを歩いて渡るのは楽しかったから自分たちで行こうと誘ってくれて実現した小旅行です。

元々の桜ウォークは下↓のパンフレットの通り、日比谷公園を午前中にスタートし、グランドニッコー東京 台場がゴールというコースですが、私たちは夕方に増上寺をスタートし、行程をアレンジした形で行ってきました。
目的は「レインボーブリッジを徒歩で渡ろう」です。

(クリックで拡大します)
sakuraw_180301_map.jpg

今年は桜の開花(3/21)後寒い日が続いたので、都内のソメイヨシノはまだまだきれいでした。
4/4の夕方に千鳥ヶ淵や上野の桜が満開だったそうなので、4/5に歩きに行った私たちはラッキーでした。

【コース】

JR浜松町駅--(徒歩)--増上寺--(徒歩)--東京タワ--(路線バス)--
レインボーブリッジ--(徒歩)--グランドニッコー東京 台場--(徒歩)--
りんかい線 東京テレポート駅


続きを読む »

花粉症にはワセリン

2019-04-06 (Sat) 20:52[ 編集 ]
4月3日放送のNHKの「ガッテン!」(4月から「ためしてガッテン」から番組名が変わった)で放送された、花粉症の症状が劇的に軽くなる方法をNHKのホームページからコピペしつつ補足しておきます。

題して 「今、ツラいあなたに!保存版 新発想の花粉症対策SP」

① 花粉の真実・・・水分に触れると割れる!
② “花粉症発祥の国”御用達の鼻バリア『ワセリン』
③ プラスアルファの新対策!ワセリンの塗り方


① 花粉の真実・・・水分に触れると割れる!

なぜ花粉は私たちに辛い症状を引き起こすのでしょうか?花粉が鼻の中に入ると、外側についているアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす物質)が鼻粘膜に付着し、炎症が起こります。しかし、それだけではありません。花粉は鼻粘膜の水分に触れるとパカッと割れて、中から別のアレルゲンが出てきます。この2段階の攻撃が鼻粘膜を襲い、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状を引き起こします。花粉が割れるという驚きの現象は、実は花粉が受粉するときに必要な仕組み。花粉は私たちの鼻粘膜を、いわば雌しべだと勘違いして割れてしまうのです。


② “花粉症発祥の国”御用達の鼻バリア『ワセリン』

花粉症という病気は、今から200年前にイギリスで発見されました。その“元祖花粉症王国”で行われている対策とは、「ワセリンを鼻の穴の中に塗る」という方法。簡単にできるセルフケアとして、イギリスの国民保健サービス(NHS)もこの方法を推奨しています。イギリスではどの家庭にもワセリンが置いてあるんだそうです。


③ プラスアルファの新対策!ワセリンの塗り方

・鼻の穴の入り口(小鼻の内側)に
・綿棒もしくは清潔な指で
・量の目安は綿棒の先が薄く覆われるくらい
・1日3~4回 時々鼻をかんで花粉のついたワセリンをとる

☆マスクなど今行っている対策に併せて使う


※注意
鼻血が出やすい内側は優しく塗る
鼻の奥まで突っ込みすぎない ・脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎の方は避ける
薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人は使用前に必ず医師や薬剤師に相談を
製品の注意書きをよく読んでからお使いください

というのがその具体的な対策です。

ワセリンを鼻の内壁に塗ることで、鼻に入って来た花粉を捉えて、水分と切り離し花粉が割れるのを妨げるそうです。
ワセリンは油なので、花粉が鼻の内壁(水分)に触れるのをふせぐとのこと。
今行っている対策に併せて使い、ワセリンを塗ったら軽く小鼻をおさえてワセリンを鼻の内壁に行きわたらせ、余った(外に出た)ワセリンはふき取ります。

鼻の症状だけでなく、目の症状も和らげてくれるそうです。

簡単なのでお試しください。
番組を見てワセリンを買おうとした友人の話では薬局で「ワセリン」が売り切れていたそうです。
私は元々持っていますが、花粉症と言えるほどの症状はないので残念ながら自分で試せません。
↓このワセリンがいいと思います。

大洋製薬 ワセリンHG 100g
大洋製薬 (2016-02-18)
売り上げランキング: 1,008


Theft of Swords

2019-04-02 (Tue) 21:59[ 編集 ]
Riyria Revelations シリーズの最初の巻です。
大人向けの冒険ファンタジーですが、甘さがないストイックなファンタジーで、私好みです。
何といっても登場人物が魅力的です。
著者がシリーズを書き続けているのは、著者の奥さんが登場人物のひとり(Hadrian)をとても気に入っていて是非続編を書くように頼まれたとのことです。
私もその気持ち、よくわかります。

Theft of Swords (Riyria Revelations)
Michael J. Sullivan
Orbit (2011-11-23)
売り上げランキング: 160,076


Royce Melborn と Hadrian Blackwaterの2人組は、金持ちからの依頼で盗みを引き受ける高級泥棒です。
しかし依頼を受けて窃盗に入った屋敷で、殺人事件に巻き込まれ、脱獄不能な厳重な牢獄で死の裁きを待つばかりとなります。
何故なら殺されたのは王様だから。
殺された王の娘である王女は、王は暗殺されたのではないかと疑い、このままでは王位継承者である弟も亡きものにされてしまうと、弟を連れて逃げてくれることを条件に2人を逃します。
王女は魔術を勉強したいと望み、自分でも訓練を続けている王女らしからぬ人物です。

複雑な事情が少しずつ明らかになっていく展開で、読者はRoyce と Hadrian とふたりの周囲の人々に少しずつ魅了されていきます。
比類なき泥棒と比類なき剣士の組み合わせであるこの二人組の呼び名が 'Riyria' なのです。

私は一気にシリーズ3巻を読み、その後に出版されたRiyria Chronicles シリーズも3冊読みました。
Michael J. Sullivan のほかのシリーズも読もうとオーディオブックを買ってあります。
ここ数年の中で一番お気に入りのシリーズとなりました。

飛鳥山公園と六義園 / 花見

2019-03-31 (Sun) 21:28[ 編集 ]
恒例の春の遠足に行ってきました。
総勢11名ですが、午前のみの人や午後のみ参加の人がいたので一番多くて10名でそぞろ歩きました。
私は公立学校の非常勤講師なので、授業のない長期休暇は仕事がありません。
もちろん正規の先生たちは、長期休暇でも週末以外は出勤しています。

【今回の行程】

王子駅--飛鳥山モノレール(アスカルゴ/無料)--飛鳥山公園の桜と渋沢栄一関連の建物--
南西(六石坂方面)に出て、旧古河庭園の前を通り過ぎ徒歩で駒込駅前の染井吉野桜記念公園--
六義園そばの「ビストロ オララ」にて昼食--六義園--「フレンチパウンドハウス」でお茶--巣鴨駅


今年は、3月29日(金)に計画し、天気予報からも東京では満開とのことだったのですが、飛鳥山公園のソメイヨシノは5~6分咲きという感じでした。
飛鳥山公園の桜の木は、古い木が多くて桜の木の背が高いため、花見にはいまひとつでした。
やはり低い位置に枝がある方が花見には嬉しいです。
また、29日は予報以上に低温で最高気温が9度だったそうで、太陽のないどんよりとした曇り空もマイナスに働きました。

飛鳥山公園には、最近はあまり見かけなくなった遊具(うんてい、回転ジャングルジムなど)や蒸気機関車D51853などがあり、子どもたちが大勢楽しそうに遊んでいました。

また、一角には旧渋沢庭園があり、晩香廬(ばんこうろ)・青淵文庫(せいえんぶんこ)が当時のままの姿で残されています。
私たちは外側から見ただけですが、飛鳥山の3つの博物館と共に楽しめる施設だと思います。

IMG_3585_convert_20190331165804.jpg   IMG_3594_convert_20190331165919.jpg
     飛鳥山公園の桜           ハンバーグ研究所

このあと時間があれば古河庭園にも寄る予定だったのですが、時間がなくてパス。
途上、有名だという「榎本ハンバーグ研究所」を教えてもらいました。
全行程を歩くのがつらい場合は、南北線もありますし、コミュニティバスに乗ることもできます。

駒込がソメイヨシノ発祥の地だということで記念撮影しました。
ポストもピンク、交番の屋根もピンクでした。

IMG_3598-2_convert_20190331170851.jpg   IMG_3600_convert_20190331171131.jpg
 駒込駅前の染井吉野桜記念公園     ピンクの桜模様のポスト

昼前に通りかかったときには駒込駅側の「染井門」は六義園への入場券を求める人で長蛇の列でした。
私たちも昼食後並ぶ覚悟をしてランチに行きました。
「ビストロオララ」には予約で満席との張り紙があり、予約をしてくれた友人に感謝
その友人は、いつもすべての計画を立てるのみならず下見もしてくれているのです。

何より寒かったので、レストランに入ってその暖かさにホッとしました。

IMG_3607_convert_20190331171311.jpg   IMG_3611_convert_20190331172321.jpg
    ビストロ オララ            六義園正門

食事後に六義園の「正門」に行くと、誰も並んでおらずすんなりと入れました。
入ってすぐに枝垂れ桜が目に入りました。
黄緑色の葉がかなり出ていて、これは盛りを過ぎていたのでしょうか。
その割には散った花もそれほど多くなさそうで、今年はこの枝垂れ桜は花が少なめなのではないかと感じました。
初めて見たので比較できないのですが、地元の枝垂れ桜と比べての感想です。
きれいでしたが、そこまで感動もなく、庭園を見て回りました。
六義園には桜の木は少なかったのですが、コブシの大木が白い花をたくさんつけてきれいでしたし、奥の方ではもみじが小さな黄緑の葉を広げはじめていました。
池の周りの松の木が素晴らしく、全体としては日本庭園として素敵な所でした。
ただ、枝垂れ桜は少し寂しい感じがしました。
友人たちによると春と秋それぞれ夜のライトアップの時もお勧めとのことです。

IMG_3615_convert_20190331172129.jpg   IMG_3662_convert_20190331172157.jpg
       しだれ桜         池の向こうに見える白い花がこぶし
       (すべての写真はクリックで拡大します)

IMG_3653_convert_20190331172649.jpg   IMG_3645_convert_20190331172618.jpg
      姿のいい松         秋になると色づく新緑のもみじ  

江戸太神楽のパフォーマンスも見ました。
おみやげに「六義園しだれ桜せんべい」と「六義園桜最中」を買いました。

「染井門」から出て、「フレンチパウンドハウス大和郷本店」にてお茶にしました。
すっかり体が冷えていて、暖かいお茶とケーキの休憩がありがたかったです。
勝手に想像していたのとは異なり、オシャレな外見のケーキ屋さんでした。
「日本一おいしいショートケーキ」と言われているそうで、ショートケーキ(洋酒なしのブラン)とミルクティーをいただきました。

IMG_3666_convert_20190331172728.jpg   IMG_3669_convert_20190331174223.jpg
「フレンチパウンドハウス大和郷本店」外観   いちごのショートケーキ

これで今回の全行程が終了。
桜は5~6分咲でとても寒い一日ということで、今回もちょっと悔いの残る花見となりました。

女性の不調や不妊 / 『血流がすべてを解決する』

2019-03-30 (Sat) 23:02[ 編集 ]
ためしてガッテンや他の情報番組で体によさそうなことを学ぶと、しばらくはそれを実践しますが、そのうちに忘れてしまいます。

今続いているのは、体幹を鍛える「ゆらゆら運動」と細胞を活性化させる「熱刺激」だけです。
それぞれに半年以上続けていますが、これが長いと言えるかは??

何かで見かけて図書館で予約していた『血流がすべて解決する』という本がようやく手元に来ました。
なるほどな、と思うことが書いてあったのでブログに書き留めておきます。

内容を簡単にまとめると

『女性には「貧血」の人が多いが、これは単に鉄が足りないだけでなく、体内の血液量が足りないことが原因の場合が多々ある。
「貧血」は鉄を補うことで、「血流の改善」は血液をサラサラにすることで解決できそうなものだが、実は問題はそこではなくて、血管の中を流れる血液量が足りないから鉄分が足りず、血液量が少ないから血流が少なくて流れが悪くなってしまう。
そして、その「血が足りない」状況が女性のさまざまな不調(不妊も含む)の原因になっており、漢方薬剤師である著者は、患者の血液量を増やすことで大勢の患者のさまざまな症状を改善してきた。』

血流がすべて解決する

内容をもう少し詳細に述べると

「血液サラサラ」にしても血流がよくならない人が女性には多い。
なぜなら血流が悪い原因は「血の不足」からきているから。
世の中で一般的に言われている血流をよくする方法は、血液をサラサラにする方法なので、血の不足からきている血流の悪さは、「血を増やす」努力によって解消するしかない。

健康な人の血液細胞は全身で20兆個。
貧血検査の結果などで示される女性の赤血球数は、386万~492万が標準値。
(この数値は血液1/1,000mlの中の量)
ただ、数値が386万だった場合でも全身の血液細胞に換算した数値は15兆個で、健康な人に比べると3/4しかない。

さまざまな身体の不調はそれぞれの臓器が悪くなったように考えがちだが、どの臓器も細胞の集まったものである。
臓器を作る細胞のトラブルが積み重なって病気や不調が作られる。
細胞に酸素や栄養を届けるのは「血」なので、血を増やして血流をよくするというのは、細胞レベルで体の働きを活性化して、病気になるのを防ぐことになる。

また、血液は 「作る、増やす、流す」 の順番で取り組むのが肝要。

なかなか的を得ている指摘だと思います。
ここからは血を増やすための具体的な提言内容ですので、興味があればお読みください。

続きを読む »

The Lost World

2019-03-27 (Wed) 14:21[ 編集 ]
The Lost World と聞くとある程度以上の年配者(自分も)はコナン・ドイルの小説を思い浮かべると思いますが、これは映画ジュラシック・パークの続編にあたる Michael Crichton による著作の本です。

The Lost World

映画は子どもだましな感じがしましたが、本の Jurassic Park はとても面白かったので、続編も読んでみました。

インジェンが、恐竜を呼び物としたテーマパークを作ろうとして失敗、施設を閉鎖した6年後が舞台となっています。
コスタリカで、不審な生き物の目撃情報に興味を抱いた古生物学者のLevineが、財力にものを言わせてThorneに探検用の丈夫な乗り物やトレーラーを準備し、前作に登場した数学者のMalcolmeを巻き込んで、恐竜が生き残っていると思われる島の探検準備をスタートさせます。
準備中に入った目撃情報の元へ飛んだLevineは、恐竜らしき死骸を見て、一足先にガイドを雇って現地入りしますが、島に上陸したとたん姿が見えない生き物に襲われます。
サテライトフォンを通じてLevineの窮地を知ったMalcolmeとThorneは救助に向かいます。

このメンツに賢い子どもたち2人とアフリカでフィールドワークを専門に活動している勇敢な女性博士が加わります。
また、恐竜の存在に興味をひかれた金儲け目的の人物が絡んで、最後はこの島からの脱出劇となります。

突っ込みどころ満載ではありますが、冒険小説としてはとても良くできていると思いました。
また、科学的な観点からの詳細な記述もあり、恐竜の生態研究などと相まって楽しく読み終えました。
映画は3部作だったと思うのですが、小説は続編はないようです。
映画は残念な感じでしたが、小説は面白いです!

作者は2008年に亡くなっているので、ジュラシックパークシリーズとしてはここで終わりのようで、残念です。


伊豆大島

2019-03-25 (Mon) 21:25[ 編集 ]
春が来ると出かけたくなる私です。

夕刊広告で「伊豆大島 5,000円」というのを見かけて、日帰りでもあり、試しに行ってみようかと申し込みました。
東海汽船の130周年記念事業の一環らしいです。
往復ジェット船を使って、現地はバスで案内人がつき、昼食もついてのツアーです。

ジェット船だけでも片道で7,000円以上するので、本当にこの値段でいいのかと思いました。

竹芝桟橋 8:20初のジェット船で大島に向かいます。
30分前には竹芝桟橋に集合するように言われました。
行ってみるとジェット船の座席もバスの座席も指定されて現地でバス3台連ねてのツアーでした。
そして、ジェット船もバスも満席!
私が乗車したバスには47人の乗客が乗っていました。

IMG_3363_convert_20190331204512.jpg   IMG_3382_convert_20190331204635.jpg
    竹芝桟橋発            伊豆大島岡田港着

ジェット船は2階建て片道1時間45分で大島に到着します。
その日の天候によって島の港を使い分けるそうで、私が行った日は岡田港につきました。
緊急時の避難方法などが大きなスクリーンに映し出されるのには驚きました。
また、ジェット船というのが水中翼で浮き上がって航行する船だというのを初めて知り、そのシステムに驚きました。
普通に航行して港を離れ、その後「テイクオフ」してジェット走行するのです。
浮き上がって航行するので、本当に揺れませんでした。

このジェット船を経験しただけでも行った価値があったかもしれません。

IMG_3394_convert_20190331204728.jpg   IMG_3432_convert_20190331204922.jpg
    観光バス3台で出発         三原山展望台から

IMG_3458_convert_20190331205036.jpg   IMG_3467_convert_20190331205250.jpg
三原山と反対側には海ごしに富士山の遠景   大島温泉ホテル(昼食)
  (すべての写真がクリックで拡大します)

IMG_3468_convert_20190331212444.jpg   IMG_3466_convert_20190331205221.jpg
  ツアー客用の歓迎看板        これに温かい汁物がつきました

観光したのは、三原山(展望台からの遠景)と都立大島公園です。
三原山の山頂まで行く時間があったらもう少し楽しめたのかもしれませんが、展望台からの遠景は海側に富士山を望むことが出来たくらいでたいして見るべきものがありませんでした。
都立大島公園は椿園と動物園があり、まだ椿が咲いていましたので大島桜と共に楽しめました。
動物園は南国の動物園という感じで、のどかでエサをやってもいいそうです。

IMG_3492_convert_20190331205350.jpg  IMG_3504_convert_20190331205417.jpg
  椿園の入り口 
  椿は終わりに近い感じでしたが、種類が多く身頃な品種もたくさんありました

IMG_3511_convert_20190331205547.jpg   IMG_3526_convert_20190331205618.jpg
      大島桜           大島桜と椿がきれいな一画

IMG_3541_convert_20190331205728.jpg   IMG_3545_convert_20190331205805.jpg
       椿資料館             動物園入り口

IMG_3553_convert_20190331205907.jpg    IMG_3562_convert_20190331212007.jpg
手前の薄茶がラクダ、右の白がラマ     ゾウガメも多数いた

なかなかワイルドな感じの不思議な動物園でした。
動物の種類も都会の動物園とはちょっと異なりました。
いずれにせよ大島は夏に海を楽しみに行くところなのかなと思いました。

東海汽船さん、ありがとう!!

横浜ロイヤルパークホテル

2019-03-10 (Sun) 20:38[ 編集 ]
還暦のお祝いとして横浜ロイヤルパークホテルに泊まりに行ってきました。
実家が神奈川県なので、母が参加しやすい場所ということもあり、日本で2番目に高いビル、横浜ランドマークタワー内のホテルに宿泊することにしました。

お祝い自体は横浜中華街でのランチだったのですが、いい機会なので3月に改装オープンした「ザ・クラブ フロア」に泊まりました。
改装後どのような設備ともてなしがあるのかわからなかったのですが、フィットネスクラブ利用券もいただけて、フィットネスも使えました。

ザ・クラブ ラウンジは24時間飲み物などのサービスがありますが、夕方6時からのカクテルサービスには小学生以下の子どもは入れないので、赤ちゃん連れの娘夫婦にはちょっと利用しづらかったです。
ランドマークタワーには様々な飲食店が入っているし、周辺にも商業施設はたくさんあるので、食べる場所、買い物の場所には事欠きません。
ただし、土曜日の夜はすごい人出で、夕食場所の予約を当日取るのは大変でした。
若い人たちが多く、オシャレな地域として大勢が訪れる場所なのだと思いました。

ロイヤルパークホテルは高層階に位置していて、その景色が売りです。
部屋の向きとしてベイビューとシティビューがありますが、やはりベイビューの方がお勧めです。
シティビューも夜景がきれいとか、富士山が見えるとかありますが、やはり港側の景色の方が私は好きでした。
しかも、ザ・クラブ のラウンジは富士山側に面しているので、ザ・クラブカテゴリーで泊まる場合は、富士山側の景色が見たければラウンジに行けばいいということで、圧倒的にベイビューがお勧めです。

IMG_3270_convert_20190331200650.jpg   IMG_3284_convert_20190331200208.jpg
  ベイビューの部屋からの景色       ザ・クラブ ラウンジ

IMG_3247_convert_20190331195915.jpg   IMG_3267_convert_20190331195941.jpg
   シティビューの部屋から         ベイビューの部屋から

IMG_3231_convert_20190331195719.jpg   IMG_3222_convert_20190331195556.jpg
  シティービューの部屋の夜景      ベイビューの部屋の夜景

IMG_3172_convert_20190331194949.jpg   IMG_3209_convert_20190331195119.jpg
  クラブラウンジからの富士山      クラブラウンジのカクテルタイム

IMG_3255_convert_20190331200011.jpg   IMG_3262_convert_20190331200034.jpg
  クラブラウンジの朝食 フレンチトーストやオムレツを焼いてもらえる

もうひとつわかったことは、上層階の景色は確かに素晴らしいけれど、中層階からの景色の方が迫力があります。
それぞれの対象物が近いので、大きく見えるのです。
52階から67階が客室なのですが、49階のフィットネスクラブからの景色が十分に素晴らしかったです。

横浜中華街では、「同發別館」で和室の個室を予約して昼食を食べました。
赤ちゃん連れなので、和室にこだわって選んだのですが、せまっ苦しい場所で赤ちゃんはその空気を嫌がったため、失敗でした。
中華街で広々とした個室があるのかわかりませんが、選定ミスでした。
お料理も悪くはなかったけれど、すごく美味しいという評判には同意できませんでした。
普通の中華料理店だと感じました。
あれだったら、ローズホテル内のバイキングの方が良かったな。

 | HOME |  »